top of page

【理容師求人】一緒に働きたい!と思われるスタッフ



こんにちはー!!エダです!!

今日も理容の世界を学んで

幸せな理容師人生を

歩んでいきましょうーー!!


今日のテーマはこれ

「【理容師求人】一緒に働きたい!と思われるスタッフ」


日本には21万849人の理容師さんが存在します!どうでしょうか??多く感じるでしょうか?少なく感じるでしょうか??ちなみに21万人というと駐日ジョージア大使のティムラズ・レジャバ氏のTwitterのフォロワー数と同じ人数です。一日20以上ものツイートを発信している大使ですが、自分の意見をしっかりと伝えられるという事で人気があるみたいですね!そのくらいの数の理容師さんが日本には存在をしていますが、必ず誰かしらに必要とされて存在をしている事になります。理容師さんは人気商売!!!サロンの選び方では無く、サロンから選ばれる人の特徴についてお伝えしていきます!!

自分の考えを伝えられる人


理美容業界によくある事ですが、理美容室は個人事業主という形態が多いです。サロンの運営の権限をサロンのオーナーさんが全てを握っているという状況ですね!そんな中で起きてしまう問題が、サロンのオーナーさんのワントップ経営です。ワントップも良い所はあるのですが、ヘアサロンは職人さんの集まりです!しかも、人気のあるスタイリストさんは自分で繁盛店を出せるくらいのスキルを持った人たちです。みなさん、どうでしょう??完全にワントップのサロンは上手く運営はできるでしょうか??職人さんだらけの環境では、長期的に安定をした経営は難しいです。絶対的にサロンスタッフの働いている生の声が必要になってきます。俗に言う「風通し」と言うやつですね!しかし残念ながら、オーナーがどれだけ風通しをよくしようとしてもスタッフからのフィードバックが無ければサロンは何も良くなりません。そうなった時に自分の考えをしっかりと言ってくれる人が一人いるだけで全く違います。サロンはみんなで作るものです。オーナーからしても、客観的な意見が欲しい物です。自分の意見や考えをしっかりと伝えてくれる人は物凄く大切にしてくれるはずです!


素直さで勝負ができる人



日本中どこのサロンでも言われている『素直な人と働きたい』という願い。これは理美容業だけでなく、すべての業種に対して共通のテーマになるかもしれませんね!素直さってよく聞くけど、一体何なんだろう?と思っている人も、今日はめちゃくちゃ大切な部分なので一緒に学んでいきましょう!先に答えを言うと素直さとは『柔軟性』です。変化が起きた時に柔軟に対応ができる力ということです。昔のスポ根系のアニメやドラマで言われていた『プライドなんて捨てちまえ!』というのは正にこの事!プライドは人の成長の為に必要ですが、時に人の成長に邪魔な存在になります。目標に対してのプライドは必要ですが、手段に関しては柔軟でなければいけません。目的に対しての手段に対しては周りの人からのアドバイスが必ずあります!人が何かを伝えてくれるのは何かの意図があるからです!それに対してしっかりと向き合って、素直に行動に移してくれる人は、必ず成長に繋がります。最短ルートを教えてくれる人には、しっかりと柔軟な自分でいましょう!必ず自分を大切にしてくれますよ。


一番簡単な考え方は、逆の立場になる事



正直な話これだけで十分だと思います。同じ人間同士なので一番分かりやすいのかもしれませんね。何でもそうですが、相手の立場になって物事を考えよう!という事。もっと分かりやすく言うと『自分の物差しだけで計っちゃだめだよー』という事ですね。オーナーだけのサロンは別として、サロンワークは基本的には誰かと一緒に働き続ける事になります。ここで質問です。あなたの周りに嫌いな人や苦手な人はいませんか??嫌いな人や苦手な人がいる分人生は損をします。大抵の人間同士の好き嫌いの部分は『自分の物差しでしか測れていない』というのが現実です。「本当に問題があるのは自分だった」という事も少なくないはずです。客観的に自分を見てみると、スタッフとしての自分のレベルが見えてくるはずです。


Comments


bottom of page