top of page

カットモデルさんで練習中に、精神と肉体が離れる体験をしました。





こんにちは!


スマイルヘアープレミアムのエダでございます。


今回は僕がサロンで体験した世にも恐ろしい体験をお伝えさせて頂きます。


一度だけサロンで経験をした事があるのですが・・・


【自分の精神とに肉体が離れる体験】です。


今から15年前くらいのお話です。


当時の僕はスマイルヘアーに入社をして3年目の時でした。


カットデビューをして間もない時なので


毎晩のように営業後に


カットモデルさんにお店に来てもらって


カットの練習をする日々を送っていました。


当時は僕の同期の男も一緒に働いていました。


同じ3年目ということもあり


営業後に一緒にカットモデルさんで練習をする


機会が多くありました。


そんなある日の出来事です。


僕がいつものように営業後にカットモデルさんで


練習をしていました。


営業後のお店の自動ドアが開き、若い男の人が


二人楽しそうにお店に入ってきました。


同期の男のカットモデルさんです。


同期の男は隣の席でカットモデルさんの施術を始めました。


地元の友人のカットをするという話を聞いていたので


見てみると、待合に一人を待たせて施術をしている


ような状況でした。


僕もその時は隣の席で施術をしていました。


はっきりとは確認ができなかったのですが、鏡越しに


見てみると、色白の中学生くらいの短髪の男の子が座っていました。


隣で楽しそうに会話をしながら施術をしていたので僕も


挨拶がてら、待合の方を向きながら同期のカットモデルさん


に聞くことにしました。


『待合の方は弟さんですか??』


僕が問いかけたその時、妙な空気感になり


『ん??』


という何とも言えない雰囲気になりました。


隣で施術を受けているカットモデルさんは


お店に入ってくる時も一緒に入って来ていて


楽しそうに会話をしながらでした。


歳の差の友人??


そもそも僕の問いかけが、誰を指していたのか


わからなかったのかな??


その時は、そのくらいの


感覚でしかありませんでした。


でも、どうしても僕はその待合いの


人が誰なのか??が気になっていました。


最初の友人のカットが終わり、いよいよ待合の


弟さんが案内されました。


僕はカットモデルさんが一人しか入っていなかった


ので片付けて帰る準備をしていました。


僕の同期は最初のカットモデルさんの隣に弟さんを


案内していました。


最初のカットモデルさんが同期に


『こいつ、人見知りだからさ〜』


という話し声が聞こえて来ました。


片付けが終わり、施術中の同期のところへ


戻ってくると


うつむき加減で恥ずかしそうにしながら


髪を切られている弟さんがいました。


やはり、中学生くらいで色白の


思春期真っ只中な雰囲気の男の子でした。


どうしても気になっていた『弟なのか?』


という疑問を解決したかったので、帰り際に


隣に座って待っているカットモデル(兄)


に聞いてみることにしました。


今回は間違いなく聞ける!


隣にいるから大丈夫!!


と心に言い聞かせながら慎重に聞いてみる・・


しっかりと手を添えて隣で待っている


カットモデルさん(兄)に


『こちらの方は弟さんですか?』


さっきより恐ろしい空気感


僕の同期の男が手を止めて


『いや、あの、、奥さん、、だよ』

その瞬間、僕の身体と精神が引き裂かれる


ような感覚に陥り、今の自分の情景を


天井から第三者がのぞいているような


不思議な体験をしました。


頭が真っ白になり


僕はその場から逃げるように


『お疲れ様でした』


とだけ伝えて去りました。


帰りのバイクでひたすら


『ごめん』


という言葉を繰り返しながら


アクセルを握っていたのを覚えています。


次の日


同期の男に話を聞いてみると


『地獄のような空気が流れて、誰も会話をしなかった』


という事でした。


しかも、年上・・・・・。


年齢も性別も間違えるという


恐ろしい事態となりました。


精神と肉体が離れる程の恐ろしい体験と


なりました。







bottom of page