理容師が生き残る時代                     〜Smile hair premium〜

更新日:3月11日

#メンズサロン #理容師 #smilehair #スマイルヘアー

 #サロンオーナー #サロン経営


こんにちは。 いつもの枝でございます。


今回からはSmile hair premiumでの記事の投稿に移ります。



現在40年に一度のbarberブームに乗って、おじいちゃんになっても理容師が現役で続けられる理由について触れていきたいと思います。





 




① 人の手がまだまだ必要

髪の毛を機械がカットするというのは、まだまだ時間がかかる

 

② 人と人が気持ちで触れあう

③ 技術を習得するために時間がかかる




 

① 人の手がまだまだ必要


人の髪の毛をカットる上で重要な事は、その人の髪の生えている方向や、髪の毛自体の


や髪の毛のを考慮して切り始める必要があります。


髪の毛だけでもこれだけ項目がある中で、その人の骨格やおでこの広さ等も考慮して対応する必要があります。


ただ毛自体を短くするだけなのに、考慮する項目はたくさんあります。




簡単に機械化されないという事が分かりますね。








②人と人が気持ちで触れ合う


理容室の醍醐味はなんといっても、人と人のコミュニケーションでしょう。


勿論、ゆっくりされたい方は別ですが、、、


理容室だからこそ話せる内容があります


将来のことや 恋愛 部活 人生について


なかなか社会に出ている人と心を割って深く話し合える環境は他では無いと思います。


初めは話さなかった方でも、何度も来店していくうちに心を開いてくれて


友達のように仲良くなっていきます。


そんな環境を作れるのが理容室です。








③技術を習得するために時間がかかる


理容師になるために、まずは理容美容専門学校で免許を取得します。


専門学校を卒業するために2年間


専門学校を卒業して


就職してからSmilehairのカリキュラムだと


カットモデルさんを50人クリアしないとお客様に入れません


しかも、50人を新規さんでクリアする必要があります。


50人新規のカットモデルさんをクリアしていく中でリピートの人もカットで来店されるの


でデビューする頃にはおおよそ150人程度の人の髪の毛を経験することになります。


そこまでやって、ようやくスタートラインに立ちます。


長いようですが、これだけの時間と努力があるから簡単には他の人が真似をできない


自分だけの価値が生まれます。



いかがだったでしょうか?



理容師が生き残る理由は 


人がやる仕事だから


ということとなります。



次回は


理容師が理容師を続ける為の知恵3選


をお伝えしていきたいと思います!