top of page

不器用な人ほど向いている!理容師、美容師に向いている人と器用貧乏の落とし穴


ツイッター

公式インスタグラム


いつもありがとうございます!!

Smile hair premiumのエダでございます!!


理容師さん、美容師さんが、よく勘違いされがちなのが

「手先が器用でないとなれない職業」

という先入観です。結論から言うと

「不器用な人ほど成功しやすいのが理美容業」です。

普通に考えれば器用な人の方が上手くこなしていくもの

に思えますが、意外と器用な人ほど壁にぶつかりやすいのも事実!

なかなか面白い業界だと思います。

今回はそんな不思議な理美容業界に向いている人に

ついてお伝えします!

 

理美容師さんに向いている人

昔から手先が不器用だと思っている人

貯金があると心が落ち着く人

素直さが心のどこかにある人

小学校の時に何かでクラス一位を取った事がある人

 

昔から手先が不器用だと思っている人



理美容業界の七不思議。

不器用な人ほど何故か結果を残しやすい

という傾向があります。

そもそも不器用な人というのは、自分自身が一番自覚

しています。

生きていく中で何年にも渡り、沢山の失敗を

経験してきているからです。

自分自身を良く分かっているのは

自分自身という事になりますね。

そんな長期間の不器用自覚系の理容師さんが

なぜ伸びるのか??答えは簡単ですね!

練習をするマインドが身体に染み付いているからです!

これだけ理美容業界は手先が器用でないと務まらないと

言われている業界なのに、不器用だと自覚している人

が自ら飛び込んでくるというのは努力する事が前提

でという事になります。

逆に気をつけなければいけない

人が、中途半端なのに自分が器用だと思っている人です。

自信は大切なのですが、ここでの自信は命取りに

なります。

伸び悩んで離職につながるスタッフで

一番多いのが、ここのマインドの人達です。

入社をしたての時は不器用な人よりは結果が直ぐに出やすい

ので初速は早く結果が残りやすいのです。

ここが一番の落とし穴になってしまいます。

器用貧乏という言葉があるように、自分が器用だと自覚

をしてしまうと、自分よりも器用でない人を見た時に

無意識で安心をしてしまう傾向にあります。

人間の本能なので仕方がない事なのですが

必ず人は、この感覚を持って生まれています。

最初に成功体験をしてしまうと、勘違いをしてしまう

ということですね!今でなく、この先が大切です!!

継続をして何かをやり続けられる人には

必ず追い越されてしまいます

不器用な人よりも、最初は出来ていたというプライドもあり

途中から追い抜かれてしまうと居場所を失ってしまう人も

います。自分が不器用で、何事も長期的な練習が必要だと

考えられる人が最終的には一番の技術者になっています。

何事も謙虚な姿勢が大事ですね!


貯金があると心が落ち着く人

理美容業で危険な習慣は浪費癖です。先ずは理美容室が

どういった環境なのかを過去から説明すると・・・

技術職ということもあり、職人さんで構成されているのが

理美容室です。そんな職人さん達の一番の興味は正に

自分の技術です。

当然ですが、出来るか?出来ないか?の二択の中で

生きている職人さん達なので技術に対しての追求心

は必ずあるはずです。ここが、また難しいポイントになります。

技術に対しての興味だけで、どうしてもお金に対しての

興味が薄くなってしまう事があります。

業界的には、こういった方が割と多いと思います。

昔ながらの職人業というのは、貧しいイメージが強く

残っています!

「職人が勘定を気にしていたら良い仕事はできない」

という考え方が日本には昔からありました。

お金よりも技術に意識を向けなければ、良い作品に

仕上がらないという考え方ですね!

言いたい事はよく分かりますが、ただその考え方では

絶対に業界が成長をする事はありません。

今までの理容業が良い例でした。物凄く価値のある

日本の理容師さんが稼げない状況になると、その業界

を目指そうと思う人は減ります。そうなると業界自体が

衰退をし始めます。ここまでは昔の話ではありますが

体質としても、今はまだマシにはなりましたが

お金に対しての考えを持ちずらいのが現状だと思います。

正確にはお金の正しい使い方を誰も教えてくれない

まま、時が過ぎていく状況になってしまいます!

毎日の営業と練習で精一杯になってしまっている

理美容師さんがお金の勉強をするのは難しいからです。

独立をしてお店を持ってからお金に対しての勉強を

するのも良いのですが、何よりも独立をする為に

お金を貯める事自体が出来ない人も多いのです。

何をするのでもお金が必要な理美容業ですが

先ずは貯金をする習慣をもつ事から始まります。

貯金が無くても平気でいられるという感覚は

かなり危険な信号です。もちろん貯金だけが大切な

訳ではないのですが、物事の優先順位をつけられる

人は目標の為に貯金をする事ができるはずです。

今の欲に負けないような、今後の投資に対して

お金をコツコツ積み立てられる人は自分の人生を

選択ができる人になっているはずです。

お金の使い方は絶対に習慣からきています。

その習慣は学生時代から始まっています。

今後自分が何者にでもなれるように、今からでも

貯金をしておける人が理美容業に向いている人

だと言えます!


素直さが心のどこかにある人

理美容室で一番必要とされる人は素直な人です。

なぜ?素直な人が必要とされるのか??

答えは簡単です。

抜群に成長が早いからです!!

簡単に素直な人が良いと言っても、素直な

人に出会える事は物凄く少ないです。

それくらい貴重な存在が素直な人なのですが

本質的には、人間の中には素直さというのは

元々インプットされているものです。

それが、色々な環境や経験を経て着色をされていき

奇跡的に真っ直ぐ育つ人もいれば、途中でヘソを

曲げてしまった人もいるという事です。

仕方が無い事なのですが、人の素直さというのは

長い年月をかけて構築をされてきたものであって

そう簡単には変えられないという問題があります。

生粋の悪人でない限りは、素直さを忘れてしまった人でも

取り戻す事はできます。

一緒に働いていると分かるのですが、周りの悪友などで

影響を受けてしまった人でも、どこかのタイミングで

素直さが垣間見れる事があります。性善説ではないですが

親からの愛情をたくさん受けた人でも、周りを取り巻く

友人が環境を悪くしていれば少なからず悪い影響を受けた

人格が造られてしまいます。

理美容業を目指す人の全てが、初めから正しい考え方

で人と接して来れた訳ではありません。

上手くいかない事や失敗を繰り返して初めて

先輩の言っている事が理解を出来るようになってくる

ものです。初めから素直な人は、伝えたら伝えた分だけ

成長をしてくれるので、サロン側からすると非常に

有り難い存在となります。素直な人自身もその分

成長につながるのでwin-winの関係でいられます!

理美容業界は特に流行に大きく左右されやすい業界です。

技術もトレンドも常に新しいものが生まれています。

初めは出来なくて当然ですが、初めから全てを

柔軟に受け入れられるような素直な人であれば

時代の変化や環境の変化に最速で反応が出来て

行動力とスピード感のある理美容師さんになれること

でしょう!

そんな素直さが垣間見れる理美容師さんは

理容師、美容師に向いている人と言えます!


小学校の時に何かでクラス一位を取った事がある人


誰でもとは言わないですが、誰かしら何かしら

あると思っています!よく思い出せば出てくると

思うのですが、人には何かしらの個性が備わっています!

その個性がクラスで一番を取れた経験になっていれば

先ずは大丈夫という事ですね!

この考え方は特に理容師さんで言われているのですが

クラスで一番になれる人というのは⒊3%の人になる

という事です。日本における上位3.3%の人というのは

ある程度余裕のある暮らしが送れる人という事になります!

(*税金に関しては無視します)

理美容業に従事する人の第一段階として上位3.3%に

入る事が先ずは必要です。

先ほどもお伝えしたように、努力をして芸術的な技術を

身につけた理美容師さんが、しっかりと世の中から評価を

受ける。そして評価を受けた理美容師さんが余裕のある

暮らしを送れる事が業界にとって重要なポイントです。

理容業は特に分かりやすく言えば、クラスで何かしらの

一位を取った経験があれば、日本で暮らしていくには

余裕のある暮らしができるという事になります。

それくらいの確率なので、簡単とは言いませんが

クラスでの一位を経験している人にとってみれば

同じことなのです。

その一位の内容が、他の人にとって価値のあるものであれば

間違いなく生活に直結することになります。

なんでも良い訳では無いのですが、そのくらいの感覚

クラスの友人の誰よりも努力を出来た人であれば

理容業に向いている人と言っても過言ではありません。

必ず良い結果が生まれるはずです

 

まとめ


理美容業は


【努力を継続した不器用な人】 が結果を生む






Comments


bottom of page