理容師が理容師を続ける為の知恵3選 Smile hair premium

更新日:3月11日

#メンズサロン #理容師 #smilehair #スマイルヘアー

 #サロンオーナー #サロン経営


どうも、こんにちは!


スマイルヘアーの枝でございます!


40年に一度の理容ブームに乗って


理容師が理容師でい続ける為のコツを発信していきたいと思います!


理容師歴16年の枝から見てみて、今の理容師さんが理容師さんでい続ける為には


大きく分けて以下の3つに分けられます!



健康  人間力   求人




この3つで充分です。


技術に関しては当たり前の事なので省略致します。



では、この3つの内容を説明していきます。



 



健康





人にとって一番基本的な事だと思います。基本的な事だけど意外と出来ないのが健康管理。

理容師の仕事は特に大切な 食事と睡眠が偏りがち。

夜中までカットと練習して帰ってきて夕飯を作るなんてできません。

実家暮らしでない限りはほとんどの人がコンビニか外食になっています。

僕も当時はお金が無くて、毎日お昼は納豆ご飯でした。


①食事


攻略法としては休日の作り置き『絶対病気しない究極の枝カレー』です


枝カレーに関しては話すと長くなってしまうので、需要があれば後日記事にしたいと思います。


いずれにせよ食事で困る人が沢山いるという事ですね。

いかに一人暮らしでも野菜を取るか?

なかなか一人分の野菜って難しいです。


休日に日持ちする料理を作って冷蔵庫に入れておくだけでだいぶ健康レベルは上がります。


②睡眠


理容業をやっていると、どうしても睡眠時間が偏りがち。


一番の原因は年齢にあります。


入社したての時は周りの友人はまだ大学生。


圧倒的に生活リズムが違う学生と、仕事後にどうしても遊びたくなってしまいます。


仕方のないことなのですが、営業で疲れた体に営業後のカット練習。

練習が終わってから友人達と朝まで遊び続けてしまう。

どう考えても身体の休まる時間がありません。

+偏食 が続くとすぐに人間の身体は壊れてしまいます。


友人が自分の人生を左右すると言っても過言では無いくらいに影響力が大きいです。


遊びたい気持ちも分かりますが、自分の身体をちゃんと大切にしてくれる友人選びも大切になります。


そのうち『友人が与える人生の影響』も情報として発信していきますね。


とにかく決められた時間の中でいかに休息を取るかが大事です。

疲れた時は練習を休んでしっかり睡眠時間をとる。

睡眠がしっかり取れたら仕事と練習に集中する。

仕事と練習に集中できたら休みの日に遊びに集中する。


自分でメリハリをつけられば、そこまで時間に追われることも無くなります。


全部の事を一度にやろうとするのでは無くその時やるべきひとつの事に集中しましょう。


 

人間力




これも、本当に重要なポイントです。


『財を残すは下、仕事を残すは中、人を残すは上とする』


財産を残すより、仕事で業績を上げることよりも


人を大切にする事はとても難しく、それゆえに人には価値があるという事です。


お客様から見て理容師は


技術ができて当たり前であって、技術と同じくらい人として魅力を感じてもらえないと


なかなかリピートに繋がりません。


スタッフから見ても同じです。


どれだけ技術があっても人としての魅力を感じてもらえない限り人はついてきてもらえません。


会社は社長の器以上にはならない


どれだけ頑張っても、人に必要とされない限りは


理容師として生きていく事は難しくなります。


理容師だけでなく、どんな仕事も同じでしょう。


先ずは、遠い未来の人等でなく毎日一緒に過ごす目の前の人を笑顔にしてあげてください


必ず良い影響が生まれます。


 

求人




理容業界を生き残る為には一番必要な事です。


僕達の業界は人的資本に支えられています。


人がいないと成り立たない業界という事です。


人の技術と人間性をお客様に認められて初めて自分の存在する価値が産まれます。


そんな理容業界ですが、最大の問題が成り手が少ないという事です。


理容師の資格を取得する人は年間1400人程度。


美容師さんの15分の1しかいません。


全国の理容師さんも毎年3000人減っている状況です。


毎年3000人減っているのに1400人しか新しく入って来ないのが理容業界です。


ビジネスの視点で考えれば毎年ライバルが減少しているのですが、ビジネスを継続させる点


では大問題になります。


人がいないと成り立たない業界なのに、人が足りない状況。


死活問題です。


ここの問題を解決出来た理容室から大きく躍進していく事でしょう。