top of page

理容師の年収って知りたくない??〜スマイルヘアープレミアム〜

更新日:4月27日

Instagram📸   Twitter🐤




どうもこんにちは!!


Smile hair premiumの枝でございます!!


今回のテーマ


『理容師は稼げるのか??』


よく知られていない実態についてお伝えしていきたいと思います!!


 

Q,理容師は稼げるの??スマイルヘアー北浦和  

 

A,理容師は稼ごうと思えば稼げます!


解説

当たり前の事ではありますが、理容師は頑張った分だけ稼げるようになっています。


初任給だけで見てみると判るのですが、高校を卒業して専門学校を卒業してから就職となるとストレートでいけば20歳から働き始める事になります。


専門学校を卒業してすぐの新卒のスタッフは、免許を取得したからといって”何ができると言う訳でもありません”


カットは勿論ですが、お店のまわし方も、シャンプーも出来ずに下回りをメインで行う事になります。


入社をしたての新人さんは仕方の無い事なのですが、そんな新人さんでも初任給で30万円を支払っているヘアサロンがあります。


・大体の相場は20万円から30万円の間と言えるでしょう。


・年収で言うと240万円から360万円といったところです。


大きな差に見えますが、ここではそんなに重要ではありません。


後ほど説明していきます。

 

Q,どんなサロンが稼げるの??スマイルヘアー北浦和


A,歩合制を取り入れているサロンのお給料が高い!


解説

歩合制とは、お客様を何人カットをしたかお給料が決まるサロンという事です。


めちゃくちゃ稼ぎたいという人は、その分沢山カットをしてお客様をこなせば良いという事です。


スタイリストがカットをすれば、その分スタイリストの手取りが増えます。


その分お店も儲かるという仕組みですね!


基本的にお給料が高く設定されているサロンの特徴としては


『稼ぎたいなら、その分お客様をこなして下さい』


という事が前提となっています。



 

Q,ずっと理容師を続けられるかが心配、、、Smile hair北浦和



A,理容師になって何を目指すかで将来性が変わります!!


解説

極端な言い方をすれば、稼ぎたいのか将来的に稼ぎたいのか??


によります。正直な話をすると

今すぐ稼ぎたいのであれば理容師をやらない方が稼げます。


理容師の拘束時間作業内容を考えたら、明らかにアルバイトを頑張って稼いだ方が断然お金になります。


要するに、今すぐ稼ぎたいという前提で職場選びをすると失敗してしまうという事になります。


初任給だけで決めようと思っている人は気をつけて下さい。


理容師で本当に稼ぐ事ができる時期は『自分のサロンを持ってから』になります。


自分の店舗を持ち、自分の腕スタッフ信じて頑張れば、従業員時代の比にならない所まで辿り着く事が出来ます。


それを目指すかどうかで将来性が大きく変わってくるのも理容師の面白いところだと思います。


勿論・・・

従業員でやり続けるのも良いのですが

自分の将来を心配するのであれば自分のお店を持つべきなのです。


誰かのお店であれば、良くも悪くもそのサロンのオーナーの采配で将来が変わってきてしまいます。


この業界の旨味でもある独立開業。

一度しかない人生で、挑戦してみる価値は十分にあると思います!

 

Q,どうすれば稼げるの??〜スマイルヘアー北浦和〜


A,①継続力②客観力③人間力

解説

この3つだけで理容師は間違いなく稼げるようになります。これだけで充分です。


理容業界で物凄く多い問題が離職です。本当に業界を諦めてしまう人が多いのが

理容業界なのです。


理容学校を卒業して同窓会をやると、半分以上の友人が

理容師をやっていないという現実です。


それくらい国家資格を取ったとしても現場に出始めて引退をしてしまうものなのです。年々理容室自体の数は減少傾向にあります。


それに伴い、理容師さんの数も減って来ています。しかし、理容室への一定の需要は無くなりません。


どういう事になるかというと、需要は変わらずに理容室や理容師が年々減っていくと既存の理容室へ需要が集中することとなります。


継続力を持ち、しっかりとスタッフとお客様を大切に出来れば自然とライバルがいなくなっているブルーオーシャンの環境が出来上がります。

その影響もあり、最近のトレンドとしては若い年代の理容室のサロンオーナーが増えてきました。


業界としては、とても良い流れだと思います!


ただ、お店を出しても継続力を持ち続けるのは本当に大変な事ではあります。


理容室のオーナーに求められるものは人間力も必要だからです。


理容師になり自分の将来像がはっきりと見えていないと、必ず不安になります。


人間の一番の恐怖は先が見えないという事です。ここが継続力を持たせられるかの一番の鍵になります。


サロンのオーナーはスタッフが信じて疑わないくらいに、しっかりと将来像を見せてあげなければなりません。


ここが客観力人間力が試されるところです。


どれだけワクワクするような将来をスタッフに見せても、肝心なスタッフが実現をしたいと思わなければ全く意味がありません。


・客観的に見て、自分のサロンが誰の為のサロンなのか?

・客観的に見て自分の魅せる将来が誰の為の将来なのか?

・それを人間力を持ってスタッフに伝えられるのか?


サロンスタッフはその将来像を実現できるところまでしっかりと継続をしていかなければいけません。


毎日が短調に感じる時が現れるかもしれません。


時には大きな壁にぶつかるかもしれません。


その中で確固たる将来性がなければ先はありません!

 

まとめ


人生の折り返し地点は35歳だと感じている今日この頃。


改めて感じる事は、理容師を続けて来て本当に良かったという事。


沢山の人と出会えて、沢山の人に支えられて今があります。


これからも色々な方に迷惑をかけながら、支えてもらいながら


理容師人生を過ごす事でしょう。


自分を信じてくれたスタッフに、理容という仕事を通して


自分と同じ経験をさせてあげられるかがオーナーの最大の仕事です。


必ず僕から独立をして最高の理容師人生を送って下さい。
















bottom of page