top of page

理容師免許の本当の難しさと、ちょっとした攻略法!!




枝です!!

今日も理容・美容について学んで

楽しい理容師・美容師人生を送りましょう!!


↓今回のテーマはこれ!!

『理容師免許の本当の難しさと、ちょっとした攻略法!!』

です!!


理容師を目指す方は必ず通らなければいけない道が理容師の免許取得です。日本で理容業を始めるには必ず必要な資格になります。理容師免許自体の難易度と、理容師免許を取得する為のちょっとした攻略方をお伝えしていきます!理容師を目指したい方・理容師に興味がある方は是非読んで下さい!!


目次

・理容師免許の取得方法!

①理容科の昼間課程に入学する

②理容科の通信課程に入学する

③番外編


・理容師免許の本当の難易度は??

勉強や練習ではない難しさ・・・



理容師免許の本当の難しさと、ちょっとした攻略法!!

理容師免許の取得方法!

①理容科の昼間課程に入学する



この方法が一番オーソドックスな理容師免許の取得方法です。皆さんが街中でよく見る『髪型が奇抜で大きなカバンを持っている人たち』は大体この理容・美容の専門学生だと思っていただいて間違いは無いと思います!!学生生活の時間の使い方は高校生活の延長のような感覚です。朝はホームルームがあり、授業を開始して、掃除をして帰宅する。学期末にはテストがあり、基準点に達していないと追試になる。高校生の時と同じように夏休み・冬休みが用意されている。学生生活の攻略法としては『友達を作る』に限る!!本当にここに限ると思います。専門学生と言っても学生です!学生生活を攻略するためには友達を作るなどの人間関係の構築が必須です。理容師の専門学校で身につけられるスキルは・理容技術・理容の知識・人間関係です。特に理容師の人間関係の構築は今後のサロンワークにも絶大に活かされるので身に付けておきましょう!


理容師免許の本当の難しさと、ちょっとした攻略法!!

理容師免許の取得方法!

②理容科の通信課程に入学する



理容科の通信課程は、一般的にはあまり知られてない通い方になります。そもそも理容科の通信課程に入学する理由は何なのか??という所ですね!理由は2通りあります。1学費が安い 2働きながら資格が取得出来る この2点が基本的には選ぶ理由になります。ただ、デメリットとしては2年で取れる資格が3年かかってしまう事。働きながら資格の取得を目指すので、両立させる事で忙しくなるという事です。当然、昼間課程と同じ理容師の国家資格なので国家試験の試験内容は同じものになります。同じ内容の試験を働きながら取得しなければいけないので難易度が上がるのは間違い無いようです。国家試験の合格率も昼間課程よりも低くなっているので明らかです。ここで通信課程の攻略法としては、自分で勉強ができる人が選択する入学方法だという事です。昼間課程の生徒さんは常に学校で授業を受けながら勉強をしています。その間、通信課程の生徒さんは仕事をする事になります。自分でしっかりと国家試験までの道筋を立てられる人が通信課程を攻略出来る人だと言えます。


理容師免許の本当の難しさと、ちょっとした攻略法!!

理容師免許の取得方法!

③番外編




この方法は、あまりお勧めをしていませんが、理容師の資格を取る方法の一つとして頭に入れておいて頂ければと思います。刑務所での資格取得になります。受刑者が服役中に理容師の資格が取得できるという事になります。ただ、一般的な専門学生とは違っていて、そもそもが理容師の資格を取得するための職業訓練に申し込みができるかどうか??が大きな壁になっています。刑務所で服役中に理容師の資格を取得する為には鋏や剃刀などの刃物を取り扱う事になるからです。日頃の服役態度がとても重要です。そして、受刑者の刑期の問題もあります。受刑者の刑期が、職業訓練の必須時間以上に長くなくてはいけません。軽微な罪では取れないという事になります。当たり前の事ですが、あくまで番外編なので参考程度に頭に入れておきましょう!


理容師免許の本当の難しさと、ちょっとした攻略法!!




実は、理容師免許の本当の難しさは国家試験ではありません。専門学校への入学にあります。専門学校の合格率という訳ではなく、そもそも専門学校へ入学をさせてもらえないという高校生を今まで何人も目撃をしてきました。どういう事かと言うと高校の進路指導の先生が専門学校への入学を否定してしまう。親御さんの許可が得られない。といった例です。過去に存在をした例なのですが、かなり悲惨な状況でした。今の時代は情報に溢れています。これだけ情報に溢れた社会で将来の夢を決められるという事は奇跡のような出会いです。その奇跡のような出会いを止められてしまう状況がありました。進路指導の先生は大学に行って欲しい、親御さんは技術職ではなくて普通の会社員になって欲しいという願いでした。理容業は自分次第で将来の可能性を変えられる職業です。進路指導の先生はやりたい事が決まっている生徒を応援できるような、親御さんは我が子を信じてあげられるような世の中になって欲しいと思います。


まとめ


自分の人生を決めるのは


自分です。


Kommentare


bottom of page