理容業は〇〇だから面白い!!Smilehair premiumから学ぶ、理容業の魅力3選

更新日:3月11日



こんにちは!!


いつもありがとうございます!!


Smile hairの枝でございます!!



今回のテーマは理容業の魅力についてお伝えしていこうと思います!


理容業に興味はあるけど、なかなか決断まで至らない方は是非見ていって下さい。


理容業の良さをしっりとお伝えして行きます。




 
  • 人としての繋がり


  • 唯一無二の自分で勝負ができる


  • おじいちゃんの理容師



 

人としての繋がり


理容業の働き方は、基本的には一対一の接客になります。


目の前のお客様に対して技術とおもてなしを提供するして、技術やお店の雰囲気が気に入っ


てもらえたらまた来店をしてもらえます。


ただ、お客様を接客して技術を提供するだけの繰り返しになってしまうと


必ずお客様は飽きてきてしまって


そのうちに自然と他のお店へと行かれてしまいます。


普通に考えたら、毎日同じ事の繰り返しになってしまいますが


本当の理容業の楽しみ方は、そんな事ではありません。


毎日をただ繰り返している人には絶対に辿り着けない面白さがあります。


それは、お客様との繋がりです。


お客様はただスタイリストに髪を切られてお終いではなく、スタイリストもお客様の髪を


切るだけでお終いではない関係性を作ることが本当の楽しさの発見に繋がります。


人としてお客様と繫る事が理容業で生き残るコツとなります。


日本全国の理容室の数は約11万軒あります。


美容室と合わせると役37万軒もあるのです。


日本全国に37万軒もライバルがある業界ということは


お客様からすると、髪を切るところはどこにでもあるという事になります。


勿論、合う合わない等はありますがどこでも髪を切れる現代の世の中で


理容業で生き残るとしたら技術だけでは絶対に勝負が出来ません。


本当に技術がずば抜けていても


稼げていないサロンがあるのはよく聞く話です。


理容業で生き残る為に必要なポイントは


人としてお客様から愛されるということです。


お客様からスタイリストとして愛されて、一人の人間として愛されることが唯一の生き残り


方となります。




 


唯一無二の自分で勝負ができる


ここからが理容業の本当の楽しさになります。


お客様からスタイリストとして愛されて、人間として愛されるようになると、必ず


サロン内で自分の居場所が作られていきます。


お客様に人として愛されるということは指名が増えるという事に繋がります。


そうなると、お店側からも必要とされる人間になり自然と自分の居場所が出来て


くるのです。


お店からも必要とされて、お客様からも必要とされていたら


仕事がつまらなくなる事は絶対にありません。


自分の技術で、自分の接客で勝ち取った結果なのです。


自分にしか出来ない接客と技術で勝負をしているので、全国の37万軒のサロン


は真似をすることは出来ません。


自分自身が商品であって、自分自身にしか出来ない特別なものが理容師の仕事なのです。


唯一無二になる為には自分からお客様に対して興味を持つ事から始まります。


『お客様が会話をするタイプかどうか見極める』


『会話した内容を残しておく』


『お客様のオススメは必ず実行する』


この辺りを徹底して実行すると


お客様と自分との距離は物凄く近いものになります。


お客様自身も何十年も色々なスタイリストに髪を切ってきてもらってきています。


要するにお客様は髪を切られるプロなのです。


スタイリストやチェンジマンが本気で自分に対して仕事をしてくれているかどうかは


簡単に分かります。


ちょっとした仕草や、表情や言葉尻にその人のお客様への想いが伝わってくるものです。


自分に対して好きか?嫌いか??興味がないか???


ということも人間なのではっきりと伝わってきます。


どんな方でも、先ずは自分から好きになること。自分から好きになれば


相手もいつか自分に興味を示してくれます。


それが小さな積み重ねとなって、数年後に他のスタッフとの大きな差になってきます。


まずは自分から。


受け身ではなくなった時に人は大きく成長するものです。


お客様に対して唯一無二の自分らしい接客と技術を自分から発信していければ、必ず


理容業の魅力に気付き、面白い結果が残ります。




 

おじいちゃんの理容師


理容師は人との繋がりが沢山あって、その中で


お客様と趣味を共有して家族ぐるみの友達になれたり、異業種のお客様との関わりでビジネ


スパートナーになれたりもします。


実際に、理容業を始めてから色々な方との繋がりで新しい友人ができました。


仕事を仕事としてではなく、仕事以上の深い関わり合い方をしていくと


お金ではない本当の幸せに気付けるようになります。


この理容業という幸せな仕事をおじいちゃんになるまで続けている人も沢山いますね。


理容業は人として繫る仕事です。


髪を切る、切られるだけでなく


『会いたい』


と思ってもらえる仕事です。


そういった仕事は機械やAIにとって変わることは出来ません。


人間の一番の恐怖は先が見えないことです。


そこをクリアできるのも理容業の魅力です。


自分自身が商品となるので、スタッフとして働き続けるのでは無く


店舗を持ちサロンオーナーを目指すこともできます。


その先を作ることが出来るという事です。


民間資格とは違い国家資格には免許の更新も無く、死ぬまで所持をし続けることができま


す。


良いところが沢山ありますが、その分大変な事も勿論沢山あります。


本当に楽しんで理容の魅力に気付けるところまで追求できれば


一生理容師として生きる事も可能になります。



 

まとめ


自分だけでは幸せになれないし、楽しむのにも限界がある。


人と繋がって、良い感情で同じ時間を過ごせれば幸せな人生になるし


楽しい仕事と言える。


自分からアクションを起こさないと何も始まらない。