Smile hair入社式〜 Smile hair premium〜



どうもこんにちは!!


Smile hair premiumの枝でございます!!


今回は Smilehairの入社式の秘密についてお伝えしていきます!!


新型コロナの影響で最近は入社式自体が出来ない状況になってしまっている状況が


とても残念ですが、本当に Smilehairの入社式は涙と笑いの入社式となっています。


ぜひ最後まで読んでいただけたらと思います!



 

入社式は感謝を伝える場所

入社式と聞いて先ず始めに思いつく事は何でしょうか??

パッとイメージできる事は、社会人になる事に対しての意気込みや、今後の目標等を先輩や上司の方々に対して発信する場所ではないでしょうか??

学生時代から社会人に移り変わり、今後に対しての節目として行われるのが入社式のあり方

だと思います。

しかし、Smile hairは少し捉え方の違った入社式を行っています。

今後の意気込み等を伝えるのは勿論ですが、何より大切にしているのは

今まで五体満足で育ててくれた

『親への感謝を伝える場所』にしているのです。

理美容業での入社式となると、高校を卒業して2年間の専門学校を終えると

20歳の方達がメインになります。

今は丁度18歳から成人に切り替わっていますが、何よりも親から離れるという節目になるタイミングが理美容業界の入社の時期と重なります。

親の下から巣立つという物凄く重要な局面に、必ず親御さんも同席してもらいます。

そして、入社をしてくれるスタッフには自分の親御さんに対しての感謝の手紙を

書いてきてもらい、それを全ての Smile hairの関係者の前で読んでもらいます。

この時点でかなり泣けるような入社式になるのですが、入社をするスタッフの親御さんへの手紙が全員読み終わったら今度は親御さんからスタッフへの手紙が始まります。

ここで改めて感じる事が、どんなスタッフにも必ず幼少期があって、必ず誰かしらの

手があってここまで大きく育ったという事です。

人間が20歳まで育つのに誰の手も借りずに育つことはありません。

必ずお母さんが命をかけて出産をしてくれて、何も出来ない赤ちゃんの時は特に

誰かしらが付きっきりで面倒を見てくれていたのです。

そんな大変な思いをして育ててきてくれた大切な我が子を、僕達のサロンへ

と送り出してくれているのです。

過去の事に対して何も無く、今後のことに対してだけの入社式であれば

『これから一緒に頑張りましょう!!』

という流れになりますが、過去にあったお母さんからのストーリーを聞くと

同じスタッフでも全く違った人に見えてきます。

今目の前にいる人の過去を知ることで親御さんにとっての新入社員とはどういった人間なのかがハッキリと見えてきます。

以前にもお伝えしてきましたが僕達 Smile hair premiumが考えるスタッフとは、自分の子供だという事です。全てのスタッフに対しての考え方が親としての基準となるので

親御さんからの過去の話を聞くという事はとても重要な事になってきます。

新入社員からの手紙が読み終わり、親御さんからの手紙が読み終わる頃には

涙無しではいられません。

僕達が大切にする入社式というのは、新入社員が会社に対して何をしてくれるのか??

ではなくて

会社が新入社員に対して何をしてあげられるのか??


を改めて考えさせられる場となっているのです。




 

まとめ


  • Smilehair premiumにとっての入社式は今後に対してでなく、過去を知る場所。

  • 新入社員も会社も親への感謝を忘れない事。

  • 今までの親御さんからの人生のバトンを受け取るという覚悟が必要。