top of page

経営者の器の話。




12月は仕事でバタバタで


話も暗い話ばかり。


なんか、年末なのに


心がどんよりしている中で


めちゃくちゃ良い話を聞いたから


ブログにしようと思う。


2021年にフランチャイズで


国分寺に独立をした肥後君の話。


9年前に


北海道から身体一つで埼玉に来た


肥後君だったけど


独立までは極貧生活をしていて


『くれくれ君』


とまで言われるくらい


人として底辺の生活をしていた。


でも、彼は


本当の貧乏ではなくて


独立貯金を頑張っていたから


貧乏だったんだよね。


本当の貧乏な人って


お金の使い方が判らない人。


本当に必要な物が判らない人。


結局


いくら貰っても何も残らない人


だと思う。


肥後君の毎日の生活は


本当に質素だった。


けど


質素に出来る人だから


一緒にフランチャイズをやって


大丈夫な人だと判った。


いま


何にお金を使うべきか?


が判る人だから。


スマイルヘアー北浦和店を


独立して


3年弱の彼だけど


今は、毎月


実家に20万の仕送りを


しているらしい。


その理由が


北海道に残して来た


【お母さんを働かせない為】


夜中も働いているお母さん


の体調を気遣っての


仕送りらしい。


身体一つで北海道から


身寄りのない北浦和に来て


7年で独立をして


2年後には実家へ


仕送りをしている肥後君。


最近結婚もして


スタッフも抱えて


守るべき者が増えて


ひとまわり大きくなった肥後君。


今でも節約癖が抜けないと


言っていたけど


それで良いんだよ。


むしろ


それが良いんだよ。


ちゃんと


今何にお金を使うべきか?


が判っているから


独立が出来たし


実家が助けられたし


スタッフがついてくる。


この先も


自分が頑張った結果が


誰かを救う事になる。


本当に大切な事は


本当に大切な人を


護ること。


綺麗事に聞こえる


けど


それが本当の


経営者の器なんだろうね。








bottom of page